忍者ブログ
カーモデル&ケンメリサイト『NostalgicMemory』管理人Takuがあることないこと書き散らす隔離部屋(←マテや) ・・・こんなボケまくりなブログです
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
さて・・・
なんだか一日二日と間が空いてになりつつあります名古屋レポ、時間経っている上にとっとと出せやと怒られかねずな有様に甚だ申し訳ありません。

なんですけどもねぇ・・・

画像多すぎるクセしてどれもこれもボケてるんだから一体どないせぇと?

今年せっかくデジカメ新調しても使っている人間が壊れてる時点でどうしようもありません。

そんなしょっぱなのボケはこれくらいにしつつ、今回はお世話になっている方々、というか当店特約代理店という名の当サイトがリンクさせて頂いておりますサイト&ブログの方々の作品をば。

今回も出展数が膨大で、なお且つまた使える画像が少ない上に私の主観が入り混じった内容になりますことをご了承願います。

また、注意事項として、
このレポートに掲載されている作品に関する著作権は
当ブログ管理人である私Taku個人ではなく、それぞれの製作者、及び所属サークルの方々に帰属しています。

そのため、当管理人はもとより製作者の方々の許可なく他のサイト、並びに雑誌媒体などへの無断転載は、いかなる理由があろうと禁止とさせて頂きます。

また、掲載の要望にもお答えできませんのでご了承願います。
但し、掲載されました作品の製作者本人、及び所属するサークルの関係者間
(その場合は当事者同士話し合いの上で行ってください。)のサイトでの使用はその限りではありません。

当管理人への連絡の有無も問いませんがご一報いただけると幸いです。
(加工前の画像を提供させて頂く、と言うこともできるかとおもいますので)

また、今回からの追記事項として製作者様がウェブサイトやブログを運営されていて管理人が存じていてリンクフリーの場合、紹介の意味合いを兼ねてリンクさせていただきますが、リンクされることに関して不都合がある場合すぐに対応させて頂くと共にご紹介の製作者様がサイトやブログをお持ちでこちらのレポートに記載が無い場合、メールでのご連絡やコメント欄に書き込みして頂けましたら追記と言う形ではありますがご紹介いたします。

また、掲載にあたり許可を得ていない作品もございます。

基本的に入場無料のイベントでのリポートであり、オープンに開かれた場での展示、という趣旨を考えての掲載ではありますが、もし掲載されることに不都合がございましたら、ならびに掲載内容にミスなどがございましたら早急に対処させていただきますので、コメント欄、もしくはメールでご一報願えれば、と思います。
メールにつきましては
こちらまでどうぞ。(クリックするとメールフォームが現れます)

製作いたしました方々の誠意を踏みにじるような真似をする方は当店(当サイト)に来る方にいないと信じております。



まずは公私共々お世話になっております『DESKTOP GARAGE』のウカイさんの作品から。

モデルカーズ編集長として辣腕ふるい内容が更に面白くなり値段が安くなってわたしゃ懐助かっているだけでなく、フェイスブックのカーモデラーのコミュニティページCreativity -MODEL CAR BUILDERS SOCIETY-を運営されカーモデラーの交流の架け橋をされててわたしゃ頭が下がる思いです。

今回はこちらをピックアップという事で・・・

最近発売されましたトミーテックのY30グロリアセダン。
なんでもご自宅のファミリーカーにしてご自身の初の愛車でもとの事、思い入れタップリに愛車使用を再現されてました。
キットそのものも小スケールながらかなりの再現度・・・なんですけど細かすぎて組める自信全くないんですけど当人曰くそんな気にしなくてもサクサク作れる良作ですよとのこと。

でも個人的には1/24で欲しかった・・・。

そしてもう一台はこちら♪


童友社(旧ヤマダ)のコルトギャランHT GS。
セダンは1/24なんですけれどもこのHTは1/22と割とでかいサイズなのが残念な所・・・
なんですが、以外や以外、ボディプロポーションが結構秀逸、しかもウカイさんの手によるクリーンなフィニッシュで仕上げられましたこの作品を拝見しているとサイズの大きさなんて些細な事に思えてきます。
しかも、キットストレートメイクにしてディテールアップは一切なしというのがまた驚きです。


次にご紹介いたしますのは『MS0023msbufjsk-51459』のC水さん。

すいません、相互リンクの件、仮のままで正式な形では未だにお待たせしたまま、という以前にサイトの更新すら全く出来ていない状況・・・
もちろんその件に関しえてお詫びしたのは言うまでもないのですが、まさか今回の名古屋で再会できると思っていなかっただけにビックリでした。
そんな氏の作品からはこちら♪

横浜では作成中でしたサニトラショート、限定販売された前期バージョンのパーツを用いて完成されておりました。
いやはや、このキットの場合、単にボディ詰めればすむ話でなく荷台内部の各パネルも補強リブの位置関係を確認しながら詰めないとならず気が遠くなる作業、良くぞここまでとしか言いようがありません。

そしてもう一台、といってもこちらは製作途中ですが

フジミのサバンナをクーペからセダンへ改造。
最初のページでとある事情で私がマツダ車三台作っていると述べた際の画像、聡い方でしたらその中に同じサバンナセダンがあることに気付かれたと思います。
実は名古屋に参加の時点でサプライズネタで密かに作ってはいたんですよ・・・10年がかりで(←時間かけすぎ)正確には途切れ途切れでようやくなんですけれど、まさか同じネタを持ってくる人が居るとは予想外でしたけど、でもこの方なら確かにやりそうなネタでもありましたねぇ♪
こちらの作品もそのとある事情の為に作られていたモノでお互いにすでに完成しある場所でツーショットが実現、一緒に並びました♪

そのとある事情につきましては皆様の目に触れるときが必ず来ますのでそのときに機会を改めて・・・。


そして次にご紹介いたしますのは『日曜の朝8時半頃が好きかも 』のオレンジパパさん
今年になってから東京転勤で単身赴任で多忙な状況との事を伺っていたのですがまさか名古屋に来られるとは思いもよらずでビックリ致しました。

いや、横浜いけなくなっちゃいましたんで再会は厳しいかなと思っていただけに再会できて何よりです。

ということで

最初にご紹介はアスカモデルのアメリカの軍用車バンダム。キットは1/24ながら完全な軍用仕様なのですが遊び心溢れるオレンジパパさんの手にかかればラットなロッドスタイルに見事に様変わり♪
軍用車という生い立ちを見事に利用してホットロッドながらもあえてピカピカなショースタイルではなく使い込まれたラットスタイル。軍用車の払い下げをベースしたロッダーと言うコンセプトが斬新で、ウェザリングのテクニックが素晴らしいオレンジパパさんの個性が光る作品です。

そしてある意味では真逆とも言える作品もご紹介♪

AMT1/25のシェルビーGT350 '67モデルをベースに『60セカンド』劇中に登場したGT500 Eleanorに大改造された作品でベースのキット、わたしも挑戦した事があるんですけど盛大に敗北しただけに普通に作るだけでも難儀するキットを良くぞここまで再現されました。

実は会場には同じエレノアを作られた方がいまして一緒に並べられおり、そちらも素晴らしい作品だったのですが・・・
そちらを個別に撮ったのもツーショットも撮影ミスしてしまい掲載したくても出来ない状況・・・
ですので一緒に並べられました方にはこの場をお借りしてお詫びいたします。

いやいくつか撮ったのに使えたのがこの一枚だけと言う果てしなく間抜けなザマでして・・・

それ以上に私が作ったオリジナルのエレノア、すなわち『バニシングin60』の73マスタングを一緒に並べればよかったと言う事に気づいたのがこの記事かいてる今の時点なんだからいろんな意味で終わってます・・・。

そしてもう一台、更に面白い企画として・・・

AMTのフォードトラックベースの、と言うかセミスクラッチの積載車。
元の状態をしらないのでなんともいえないのですがおそらく荷台部分は総作り変えなんじゃないかと。
こちらの荷台、可動式で搭載状態と積載状態両方可能との事で皆さんの自身の作品のせて撮影してくださいとのことですので・・・


ウチのカペラC2載せちゃいました♪

さらに

荷台格納状態でも一枚♪
流石に車乗せたままでは可動されられなかったですが(←当たり前だ)
こういう遊び心のある作品は楽しいですよねぇ♪

ウチもこういう積載車、やってみようかなぁ・・・。


3回目のトリは『Model Garage N's』のN'sさん。
この方も精力的に製作されるだけでなくコンスタンスに更新されてましてズボラなわたしゃ敬服することしきりです。


先ずは手始めにレベルのジープラングラー。
最近のスナップキットでそのまま組むとどうにもおもちゃっぽさが・・・
っておもちゃなんだから当たり前か(←マテや)
子供向けに作りやすさ最優先なのでパーツは最小限でライト関係はボディ一体(!!)塗装済みなんですけどヘッドライトをクリアパーツに置き換え各ランプ類のリペイント、グリルのスリット開口して窓枠修整に細かいパーツを自作してと丁寧なアップグレードによって元がおもちゃとは思えない素晴らしい作品に仕上がってて一緒に並べたウチのテラノ、N'sさんからのコラボのお誘い受けて並べたのですがこんなの一緒において大丈夫なんでしょうかと。
なんだかいたたまれないやら申し訳ないやら・・・。

ですがこちらはまだ序章。
本命が凄まじかった・・・。



LS(現マイクロエース)のパブリカなんですけれど・・・

これ、スケール1/32ですよ!!
単体で画像取ると正直信じられないと思われそうですが、フル開閉なだけでなく各パネルの裏面は言うに及ばずボンネットやトランクのサポートロッドまで作っちゃってるんですから・・・


エンジンルームなんかここまで再現されてるんですからもうお見事としか言いようございません。

N'sさん曰く
『ホイールカバーがキットのままですからTakuさんにお叱り受けないかが不安なんですけど』
と仰いましたが
『ここまで作りこまれてるんですからホイールカバーなんてそんな些細な事気にもなりません』
と返しました。
いやそんな重箱の隅突っつくようなみっともない事、恥ずかしくていえません。

それ以前に・・・
この年代のホイールカバーの形状自体わかりませんから!!(←威張って言うな!!)

わたしゃ逆立ちしても真似できません。

・・・逆立ちしてプラモ作れるのかというツッコミ来そうですが、その前に逆立ち自体ができませんので。(論点ちゃうわ!!)

・・・まだまだ続きます。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/29 Taku(店主、つまり管理人)]
[07/21 遠神十三]
[04/22 Taku(店主、つまり管理人)]
[04/20 遠神十三]
[04/12 Taku(店主、つまり管理人)]
最新TB
プロフィール
HN:
Taku
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
車のプラモ作りとケンメリ4発の趣味に明け暮れるいい年のオッサン。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]