忍者ブログ
カーモデル&ケンメリサイト『NostalgicMemory』管理人Takuがあることないこと書き散らす隔離部屋(←マテや) ・・・こんなボケまくりなブログです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

いやはや、正月も3が日をとっくに過ぎて成人式の今日になってようやくですから申し訳ございません。

正月何していたんと言われますると製作に明け暮れておりまして、それにつきましては後述、という事で、 遅ればせながら昨年を振り返ってみましょうかと。



PR

さて、一昨日の更新に引き続いてご案内ですが、といってもさるSNSでは最新号の表紙が出た時点で先行して述べていたりもするのですが・・・


だって知ってる人が見れば一発でばれるし・・・(←マテや)



本日26日発売のネコ・パブリッシング社刊『モデル・カーズVol.261』2018年2月号に出展させていただきました♪
今回の特集のテーマは『61年目のスカイライン愛』との事、私の場合、スカイラインは愛というよりも憧れ、そしてその憧れの具現化ともいえる当方所有の昭和48年式ケンメリハードトップ1600GLを作成させていただきました♪

思いっきり職権乱用すんな!!
・・・と皆様からお叱り受けそうですが、今回は担当の石の森さんからのご推薦、せっかくの機会ゆえ、模型生活40年(多分)の集大成と言う事で今までの誌面掲載において製作及び改造内容は読者の参考になる事であることを前提としてきた自らの不文律をあえて破り、持てる技術を総動員、往年の古典キットであるLSのモーターライズ・ゼンマイキットのボディをベースにフルディテール、フル開閉と読者を置いてきぼりにしかねないバ改造・・・

そう書くと読者はもちろん当店(当サイト)に来ていただいてるお客様(つまり見てくださっている皆様)からはどこが?!と突っ込まれかねませんし、実際に参考にならないんですけど・・・と言われた事もありますし。


・・・言った人は友人なんで本気かネタで言ってるのかわからないですけど(←マテや)


そんなわけで通常営業だろとも言われそうですが、今回は自分の車と言う事で今まで以上に暴走しまくり、いろんな意味で度外視しすぎて納期まで度外視しそうになって間に合うのかどうかの瀬戸際だったのは内緒だ!!(←マテや)


という事で、今回は画像多めでお送りしますので・・・




メリークリスタルキングの『大都会』

あ~あ゛~ためしたい~(←何をだよ!!)
・・・失礼致しました。


何もクリスマスイブに更新せんでもと各方面から突っ込みきそうですが、ここしばらくと言うものなかなか作業が進まずで(前回のギャランシグマHTのお案内も出来ずで・・・)ようやく時間が開いたのが今になってですのでご容赦願います。


さて、気を取り直して本日『のすめも』本店のご案内はこちらになります♪





はい、ハセガワの新作、初代シビックRS、今回は新規キットの速攻・・・とは言えませんでしたがキットの気になる箇所など記載しておりますのでこれから作ろうと思う方には何かしらの案内になればと存じます。


そして今回はそれだけに飽き足らずそれに伴い当方秘蔵のエーダイグリップの古の品、展示会(オフライン)では出展しておりましたが今回ハセガワのリリースに伴い当ショールームに並べさせて頂きます。


エーダイの方が掲載を戸惑っていた理由もありましてそちらも記載しております。


ぜひご覧下さい。


本店(メインサイト)へはこちらからどうぞ


そして明後日26日は改めて別のご案内を致しますのでお待ちくださいませ♪

さて、諸々おまとめで恐縮ですが、まず、モデルカーズ最新号にてまたまた当方の駄作出させて頂きました♪



今回はチューニングカー大全と言う事で念願のケンメリ、それも定番のGT-R仕様にするのではなくあえてのGT、しかもキットのベースにGT-Rという実車と真逆なパターン♪


当時実在した車両をモチーフにと選んだ題材は昭和52年公開の映画『白熱ーデットヒート』に登場した敵役にして通り魔的に走り屋や暴走族を蹴散らしていく謎の車『ファントム』の愛車、ゴールドメタリックのハードトップ2000GTになります。
映画自体は知る人ぞ知る・・・というか知っている人いるんだろうか(←マテや)
残念ながらヒットしたとは言えず映像化もしばらくなかった事からカルトムービー化してましたが近年DVD化され、それにちなんでモーターマガジン社刊行の『GT roman STRADALE』にて田中光二氏による原作小説が連載されていましたのでそちらでご存知の方もおいでかと。
そんな映画登場仕様として製作、といっても今回は大掛かりな改造はせず、フロントフェンダーからドアにかけてのプレスラインの再現と室内のシート形状を実車の雰囲気に近づけるべく加工したことが主だった所で、今回アオシマ様のご協力で新規GTグリルのご提供を頂いて使用させていただきました♪
明日札幌ファクトリーで開催されるHME-北海道モデラーズエキシビジョン、クリエイティビティチーム北海道ブースに出展いたしますのでお近くの方はぜひご覧下さいませ。

という事であす札幌ファクトリーホールにて開催のHME-北海道モデラーズエキシビジョン、今回は前述のクリエイティビティもさることながら私個人としてはサッポロモデルカーオフミーティング様に便乗での出展になりますのでお近くの方はお誘いあわせでぜひご来場頂ければ、と思います♪
さて、毎度更新おざなりで甚だ恐縮ではございますが・・・


モデルカーズ最新号にて懐かしの名作1/25『ダットサン620』をベースに1/24『ダットサンピックアップ1500デラックス』を製作、掲載されました♪

今回は久しぶりのトラック特集と言う事で、前回は童友社のサニークーペベースにサニトラ作って掲載されこんなん作るやつはそうは居るまいなどと思ったらそれからまさかのハセガワから最新キット化という想像の斜め上な展開に唖然としたのも懐かしく、その流れから行けばダットラにつながるのはまあ基本だよなぁ・・・(←どこが?!)

しかも・・・シングルピックからダブルピックにした上に北米仕様から国内仕様、スケールも1/25から1/24とサイズアップと言う地味に言わなければ気づかない改造と言う・・・

さらに・・・

バックドア可動式にしただけに飽き足らず・・・


エンジンまでつけちゃいました♪

いや、ベースキットもエンジン付いてましたから。

ただし北米仕様はL型4気筒で国内仕様はJ型といわれる商用車用ユニットだったんで作り変えになりましたけど・・・。

という訳で、この馬鹿が普通に作るわけも無く、と言うか既に普通に作ってましたし、モデルカーズ誌上にて既にダットサン620のこのキット自体編集長の鵜飼さんが素晴らしい作品作られているわけですし、と言うかこの作品を見たからこそこれに繋がった次第でして・・・。

どういうことかというと作品を見てキットの存在を知ったものの、既に金型が改修されてノーマルに作れなくなり(最近モンスタートラックと言う名称で出たハイリフトなトラックに変わったため)キットが廃盤で入手困難・・・。
ヤフオクじゃ1万超えはするんじゃそりゃ無理だ、というか買ったところでもったいなくて組めません。

そんなある日、matsuさんと電話会談と言う名の無駄話、もとい駄弁り会で今海外でキット手配してもらってるとのことでモノグラムの3rdトランザムの初期型キット探してるんですけどそちらの方でみつからないですかねぇ?

なんて話したらアメリカのe-Bayの所見て見たけど無かったけど、チェックしてると幸せになれるかも知れませんよとアドレス教えてもらったら全種類各8ドルほどで出品有り、ダメもとでお願いしたらほぼあっさり落札、送料折半と言う事で数多い方がお得になります、見たいな話しになり調子に乗ったこのアホはあれよこれよとお願いした中でこの620の2台分ジャンク発見、それを落としてもらったら・・・40ドル即決完品出てくると言うタイミングが悪いんだかいいんだかわからない有様にこれもお願いすることに。

そんな経緯はこちらを参照して頂くとして
http://niceboke.blog.shinobi.jp/Entry/44/

記事書いた当時はあえて名前を出さなかったんですが(下手に名前出して他の方々もmatsuさんにお願い、なんてことになったら負担を強いる事になりかねないという懸念があった為)あの時のmatsuさんをして心配されるほどのバカ買いっぷり・・・。

当時1ドル80円だったからできた次第ですが、流石に今はもう無理ですし、と言うか無理させすぎたのではといまだに申し訳ない限りです。

matsuさん、その節は本当にありがとうございました。

という事で国内相場1万超えのを3200円、送料別で手に入れた完品をストレートに製作すると共にジャンク品の1台を形だししたものの、そこでずっと頓挫していたのでこの際だからと、形にした次第。

なのでボディの加工自体の画像はほとんど無く(実はPC故障のHDDクラッシュでデータの大半ロスとしてた為も有り)ざっくりしすぎな製作過程になったのが心残りですが、私のよりまわりの方々作業のほうがそれぞれ凄まじすぎて恐れ入った次第、ぜひご覧くださいませ。


ジャンク品の残り一台、残りのもう1台(赤メタの物)どんな仕様で作りましょうかねぇ~。


次のページ >>
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/08 Taku(店主、つまり管理人)]
[01/03 遠神十三]
[07/29 Taku(店主、つまり管理人)]
[07/21 遠神十三]
[04/22 Taku(店主、つまり管理人)]
最新TB
プロフィール
HN:
Taku
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
車のプラモ作りとケンメリ4発の趣味に明け暮れるいい年のオッサン。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]