忍者ブログ
カーモデル&ケンメリサイト『NostalgicMemory』管理人Takuがあることないこと書き散らす隔離部屋(←マテや) ・・・こんなボケまくりなブログです
[1]  [2

さて、ジェミニを出したのが3月で・・もう4ヶ月もたってるんですけど!!


そんなごめんなさいな状況、なにしてたんだと言われますれば・・・


仕事してました!!



いやまあ車屋さん、しかも北海道は3月4月はタイヤ交換のシーズンですから。


というのももちろんですが、いつもお世話になっとりますモデル・カーズ誌にて2ヶ月連続で出展させていただいて居りまして・・・立て続けで到底キーボード叩いている余裕がなかったもので・・・


おかげで先月分のご紹介すっ飛ばしましたから!!(←マテや)


・・・いやはや、いろんな意味でごめんなさい。


という事でここ最近の件いついてご案内いたします♪




PR

さて、一昨日の更新に引き続いてご案内ですが、といってもさるSNSでは最新号の表紙が出た時点で先行して述べていたりもするのですが・・・


だって知ってる人が見れば一発でばれるし・・・(←マテや)



本日26日発売のネコ・パブリッシング社刊『モデル・カーズVol.261』2018年2月号に出展させていただきました♪
今回の特集のテーマは『61年目のスカイライン愛』との事、私の場合、スカイラインは愛というよりも憧れ、そしてその憧れの具現化ともいえる当方所有の昭和48年式ケンメリハードトップ1600GLを作成させていただきました♪

思いっきり職権乱用すんな!!
・・・と皆様からお叱り受けそうですが、今回は担当の石の森さんからのご推薦、せっかくの機会ゆえ、模型生活40年(多分)の集大成と言う事で今までの誌面掲載において製作及び改造内容は読者の参考になる事であることを前提としてきた自らの不文律をあえて破り、持てる技術を総動員、往年の古典キットであるLSのモーターライズ・ゼンマイキットのボディをベースにフルディテール、フル開閉と読者を置いてきぼりにしかねないバ改造・・・

そう書くと読者はもちろん当店(当サイト)に来ていただいてるお客様(つまり見てくださっている皆様)からはどこが?!と突っ込まれかねませんし、実際に参考にならないんですけど・・・と言われた事もありますし。


・・・言った人は友人なんで本気かネタで言ってるのかわからないですけど(←マテや)


そんなわけで通常営業だろとも言われそうですが、今回は自分の車と言う事で今まで以上に暴走しまくり、いろんな意味で度外視しすぎて納期まで度外視しそうになって間に合うのかどうかの瀬戸際だったのは内緒だ!!(←マテや)


という事で、今回は画像多めでお送りしますので・・・




さて、毎度更新おざなりで甚だ恐縮ではございますが・・・


モデルカーズ最新号にて懐かしの名作1/25『ダットサン620』をベースに1/24『ダットサンピックアップ1500デラックス』を製作、掲載されました♪

今回は久しぶりのトラック特集と言う事で、前回は童友社のサニークーペベースにサニトラ作って掲載されこんなん作るやつはそうは居るまいなどと思ったらそれからまさかのハセガワから最新キット化という想像の斜め上な展開に唖然としたのも懐かしく、その流れから行けばダットラにつながるのはまあ基本だよなぁ・・・(←どこが?!)

しかも・・・シングルピックからダブルピックにした上に北米仕様から国内仕様、スケールも1/25から1/24とサイズアップと言う地味に言わなければ気づかない改造と言う・・・

さらに・・・

バックドア可動式にしただけに飽き足らず・・・


エンジンまでつけちゃいました♪

いや、ベースキットもエンジン付いてましたから。

ただし北米仕様はL型4気筒で国内仕様はJ型といわれる商用車用ユニットだったんで作り変えになりましたけど・・・。

という訳で、この馬鹿が普通に作るわけも無く、と言うか既に普通に作ってましたし、モデルカーズ誌上にて既にダットサン620のこのキット自体編集長の鵜飼さんが素晴らしい作品作られているわけですし、と言うかこの作品を見たからこそこれに繋がった次第でして・・・。

どういうことかというと作品を見てキットの存在を知ったものの、既に金型が改修されてノーマルに作れなくなり(最近モンスタートラックと言う名称で出たハイリフトなトラックに変わったため)キットが廃盤で入手困難・・・。
ヤフオクじゃ1万超えはするんじゃそりゃ無理だ、というか買ったところでもったいなくて組めません。

そんなある日、matsuさんと電話会談と言う名の無駄話、もとい駄弁り会で今海外でキット手配してもらってるとのことでモノグラムの3rdトランザムの初期型キット探してるんですけどそちらの方でみつからないですかねぇ?

なんて話したらアメリカのe-Bayの所見て見たけど無かったけど、チェックしてると幸せになれるかも知れませんよとアドレス教えてもらったら全種類各8ドルほどで出品有り、ダメもとでお願いしたらほぼあっさり落札、送料折半と言う事で数多い方がお得になります、見たいな話しになり調子に乗ったこのアホはあれよこれよとお願いした中でこの620の2台分ジャンク発見、それを落としてもらったら・・・40ドル即決完品出てくると言うタイミングが悪いんだかいいんだかわからない有様にこれもお願いすることに。

そんな経緯はこちらを参照して頂くとして
http://niceboke.blog.shinobi.jp/Entry/44/

記事書いた当時はあえて名前を出さなかったんですが(下手に名前出して他の方々もmatsuさんにお願い、なんてことになったら負担を強いる事になりかねないという懸念があった為)あの時のmatsuさんをして心配されるほどのバカ買いっぷり・・・。

当時1ドル80円だったからできた次第ですが、流石に今はもう無理ですし、と言うか無理させすぎたのではといまだに申し訳ない限りです。

matsuさん、その節は本当にありがとうございました。

という事で国内相場1万超えのを3200円、送料別で手に入れた完品をストレートに製作すると共にジャンク品の1台を形だししたものの、そこでずっと頓挫していたのでこの際だからと、形にした次第。

なのでボディの加工自体の画像はほとんど無く(実はPC故障のHDDクラッシュでデータの大半ロスとしてた為も有り)ざっくりしすぎな製作過程になったのが心残りですが、私のよりまわりの方々作業のほうがそれぞれ凄まじすぎて恐れ入った次第、ぜひご覧くださいませ。


ジャンク品の残り一台、残りのもう1台(赤メタの物)どんな仕様で作りましょうかねぇ~。


ここしばらく音沙汰なしでジムニーのページどころか先日差行火しましたオートモデラーの集いin横浜のレポートすら全然出来ていない状況ではなはだ申し訳ない限りのダメ店主ならぬ管理人でございます。

ジムニーにつきましてはシャーシの構成の記事の為に2個追加で買っちゃいましてそれらを纏めてご紹介すると共に横浜のレポートも順次出来れば、と思いますが、それとは別にまたまたアカラサマ、ステマなんてこそこそした事は言いません。

明日発売(一部地域では若干おくれますが)のモデルカーズ最新号No251、こちらの特集に当方作成のトヨタ セリカ・カムリ2000GTを出展させていただいております。




今回の特集は『速いハコはお好きですか?羊の皮をかぶった狼』
という事で選んだのがこのカムリ。

・・・マイナーなファミリーカーのカムリがどこが速いハコやねん、と突っ込まれそうですが、この初代だけは全く別物で『都市型スポーティーセダン』のキャッチコピーの元、セリカの名を冠した名実共にスポーツセダンだったんですよ。

なぜならトヨタとしてだけでなく、国産車では4ドアセダンとしては初のDOHCエンジンと4輪独立懸架、トヨタ2000GT以来の組み合わせとカタログで謳ってT字グリルを継承させたくらいですから・・・。

そんなアンチトヨタな私がなんでまた?と言われそうですが、実は昔、わたしゃ中学生のころ、年の離れたいとこが乗っていたことが有り興味を持っていたから。

調べていくとトヨタらしからぬ実験的な要素を盛り込んだ上に2年間でモデルチェンジ、セリカのナが外れてビスタと兄弟車になってからと言うもの180度キャラクターが様変わりした突然変異的なこのモデルに密かに思い入れができまして、今回の速いハコのリクエストで真っ先に思い浮かんだ車種だったりします。

この車種を以前デボネアVを作った時と同じ(と言うか元々これ作る為にとっていたキットだったり)フジミの71チェイサーをベースに毎度切り継ぎヤスりで形作ってのバ改造(←マテや)何とか形に致しました。

ただボディカラー、本当は従兄弟が乗っていたイメージカラーのダズリングレッドにしたかったんですが、赤は既に他の車種で決まっていることから他の色に・・・と言う事で担当の石の森さんと一緒に当時のデータ探してGTに設定の色を検討してパークグリーンメタリックにしたんですが・・・

これってデビュー時のXTスーパーエクストラと間違われません?
(デビューは80年1月ですがGTを含む4独サス仕様3グレードは同年8月に車種追加、なので初期はXTスーパーサルーンがトップグレードでカタログのイメージ色がこの緑)

更に言うと途中からGT専用オプションカラーとして黒/銀ツートンカラーの設定があったと記載あるんですがいくら調べてもその色の画像が見つからず、ほんとに実在(現存)してるんだろうか・・・。


それが見つかったらその仕様にしたかったんですけれどもねぇ・・・。

先日のオートモデラーの集いにディザーキャンペーンよろしく先行出展させていただき、会場の様子にからめてさるwebCG様にて掲載されましたので、ご覧になった方もおいでかと思います・・・。
そちらにつきましてはレポート開始のときに改めてご紹介させていただきますが暫定でリンクアドレスを掲載いたします。
http://www.webcg.net/articles/gallery/35891

今回も毎度突貫工事で形に出来たの横浜への出発前日と言うザマではございましたがご笑覧頂ければ幸いです♪

ここ最近、雪がどっさり降ってヒーヒーいいながら雪かき・・・と思ったら次の日プラス気温で殆ど溶けてくれたら昨日の苦労はなんだったんだ・・・とまあそんなことの繰り返しで体力尽きておりまして・・・

本当なら先週にお知らせするつもりではございましたが遅れてごめんなさい、という事で・・・

毎度お世話になっております・・・
といっても昨年の10月号以降全然わたしゃじぇんじぇん出番がございませんが(←身分わきまえんかい!!)カーモデル専門誌モデルカーズ、編集長ウカイさんの渾身の別冊
『モデルカーズチューニングその弐』


こちらが刊行されまして、そちらに出展させて頂いておりました。
既にごらんの方もおいでかと思いますが当店(当サイト)としてでなく、モデリングライターでもなく、あくまでも管理人が1個人として参加させて頂いたのは以下の3台
(掲載ページ部分編集のうえ引用させていただいております)


HMEやオートモデラーの集いなどにも出展しておりましたが実はまだ未完だったグランドファミリアを何とか形にすると共に10年越しで完成させた初代サバンナセダン、そして昨秋オートモデラーの集いin名古屋への目玉商品でしたカペラC2,じつはこちらの企画に参加させるために製作していたものだったりします。

各々の車両につきましては順次改めて掲載とさせていただきます。

・・・実は今日あたりページ作って掲載する積りだったんですけども、予定外、と言うか予想外な伏兵出ちゃいましてそちらに週末かかりきることに相成りまして・・・。

それについてはPlease Wait,というかHang on a momentというのが正規なのか、ちょっと待ってくださいという事で・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/08 Taku(店主、つまり管理人)]
[01/03 遠神十三]
[07/29 Taku(店主、つまり管理人)]
[07/21 遠神十三]
[04/22 Taku(店主、つまり管理人)]
最新TB
プロフィール
HN:
Taku
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
車のプラモ作りとケンメリ4発の趣味に明け暮れるいい年のオッサン。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]