忍者ブログ
カーモデル&ケンメリサイト『NostalgicMemory』管理人Takuがあることないこと書き散らす隔離部屋(←マテや) ・・・こんなボケまくりなブログです
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196

さて、先程のたわ言は前座ということで本来更新したかったお題も続けてお送りの2部構成♪

オー集横浜の直前に形にいたしましたる'78フォード・カプリ3.0S。
国産旧車、それ以外でも日本に導入された車しか作らない(というかテーマと言うか縛り設けないと収拾付かん。最も現時点でも収拾つけうようもありませんが)私がなんでまた日本市場に入らなかった3代目をいきなり作っちゃったのか?

それについて暫定で取っている形にしている状態の画像と製作状況のダイジェスト(サイト上で正式な改造ネタとして掲載予定)を交えつらつらと・・・



そもそもの発端は昨年末に衝動買いでイタレリのアバルト695を探していきつけの通販サイトで発売されたばっかのアオシマMG-Bと共にラインナップを眺めていたら一緒に売りに出ていたAMT1/25のカプリIIを見つけたこと。


そういえば以前ケンメリの記事目当てで買ったカーグラフィック誌76年6月号に試乗記が載ってましたなぁ~と思いだし、



さらにそういやカプリっつったら童友社のノスヒロシリーズ(いわずとすれた山田模型)でキット化していた初代しかイメージ湧かんかったし、そっちもあるから歴代のカプリを日本仕様で並べんのも面白そうやね~。


と言うことで、ネットの海に溺れたら・・・https://youtu.be/DavcT5R73go


なにこれカッコええ!!


・・・と、全く想定の斜め上な形でハマりました♪


ファストバッククーペに丸目4灯、しかもシルバーの車両にそこはかとないケンメリ感、それも後期GT感を感じちゃって買ったキットベースにMk3にしちゃうか、いやいやカスタムっぽい箱絵でいくら安かったといえノーマルにも作れるしもったいないぞと思っていたらそういやタミヤのキットで似たようなのがあったかとしかも頂き物で・・・
その中にあって保管していたザクスピードカプリを引っ張り出してノーマル逆改造かましてるという・・・。


カプリ自体、日本にはII(以下Mk2)までしか正規に輸入されなかった為?(たぶん日本の53年排気ガス規制が理由かと)その次の型(以下Mk3)があることを初めて知りましたわ・・・。


映像は英国の『The Professionals』というドラマのカプリのシーンを編集したファンムービーでドラマは77年から81年に渡り放映、本国で爆発的な人気を博してクライムスパイアクションドラマで、実は日本でも(邦題:特捜班CI-5)放映してたのね・・・


だって全国ネットでなく地方ローカル(最初は名古屋の放送局だったそうで)で北海道で全然放映してないんだもん知るわけ無いでしょうが!!(←おちつけ)


DVDもボックス販売したらしいんですけど13年も前な上に販売数が少なくて(12話ずつの特選集が2セットで、各々か総数かわかりませんけど1000枚以上販売できれば全放送コンプリート版で販売できたものの達成できなかったとか)中古でもいいお値段・・・。
BDで出てくれたら買うんですけどねぇ・・・(望み薄そう)


で、さらにネットの海に溺れていたらマイナーながらもこの作品に影響された方も結構いるらしく・・・


あの攻殻機動隊の士郎正宗氏がかなり影響を受けたそうでアニメ製作スタッフにストーリーつくりの参考としてお勧めした作品だとも書かれているサイトもあったりですが、さらにネット徘徊していたらば・・・


『Tipo』誌で最近復活しました西風氏の名作『GTロマン』でもオマージュされていたのにはビックリしましたわ!!


(画像引用元:集英社ヤングジャンプコミックス『GTロマン』西風氏著 第3巻)




2巻登場のアルファロメオのジュリアスーパーオーナー沢田さんの職場の先輩役でドイル&ボーディの主演コンビ



上司の部長がコーレイ部長(しかも苗字が高麗)で後に沢田君とこの部長さんのエピソードもMG-Bを交えて話が進みますが・・・



先輩の愛車がこのカプリだったという・・・。


ただ、ドラマではスポーティモデルのSなのに対しこちらはサイドモールがついてリアスポとサイドステッカーが無い為高級版のGHIAと思われますが、エンスーな車ばかりのこの作品の中にあってこの車だけが唯一車種がわからなかったんですけども、よもや30年も経ってこげな形で知ることになるとは・・・。




更に余談ながら、童友社(山田模型)のノスヒロシリーズの初代、これもこのシリーズのお約束で共通シャーシで寸法、と言うかスケールマチマチで1/21スケールらしいけど引っ張り出してきて、今弄ってるMk3と大差ない(実車も若干の差しかない)ので寸法から縮尺計算して図ってみたら・・・


ほぼ1/24ピッタリやんけ!!
(正確には横幅が2ミリほど実寸より広い)



閑話休題本題に戻るとして、作業内容はレースカーのロードカー戻し、具体的には・・・



フェンダー切り飛ばして・・・



プラ板貼って・・・



フェンダーアーチ開けつつ・・・



続きは後日



とまあボディの塗装も綺麗に仕上がって・・・


サンルーフあることに気付く(←マヌケ)


 




スジボリだけで済むはずなのに切り離してるんですから世話ないです。


・・・しかも展示会間際なのに!!(←アホ)


実際は可動出来るように、なんですけど。



そんなこんなで形にしたのがこちら♪



今回は当店(当サイト)化粧プレートではなく撮影車両のプレートを再現。


正式な掲載時には化粧プレートに変更の上撮影しなおします。



で、これで終わらないでまだ文章続くのが当店の売り♪


・・・だから更新に時間がかかるのよ(←自業自得)


無事横浜での展示を終えてSakachew御大とレジン職人御大と共にお世話になっておりますハラエモン氏のご案内で千葉にあるとある謎なお店へ・・・


いつもの方々もお誘いしましたものの遠すぎる事もあってその後の交流会を断念せざるを得ませんでしたが、いやホント申しわけありませんでした。


ですが、店からは想像も付かん魔境、財布の中身と相談しつつ散在しましたが、どれくらいかと言えば・・・



こんなのがしれっと置いてあるくらい、しかも似たような世代年代のキットがごろごろと・・・


いろんな意味で眩暈しましたわ。


ただ、回転の早い店なので今はどれだけあるのかはわからないですが。


せっかくなのでこちらをベースに日本仕様を作る事に♪



ツイッターでさるカーモデルのサークルと言うかコミュニティと言うかその方々が3月末にユーロフェスと題してヨーロッパ車をフューチャーして見せ合いません?と言うお誘いに乗っかって製作いたしました♪



・・・ただ、内装がキットと実車の日本仕様で全然違うんでその改修もしなきゃなんないんですけれど。(そのためなかなか表に出せなかった)


まあそれもまた追々、と言うことで初代の方もやりますかと思う次第でございます♪



・・・最初に買ったAMTの1/25はどーしましょ?(←知りません)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/08 Taku(店主、つまり管理人)]
[03/06 MASAKICHI]
[09/10 Taku(店主、つまり管理人)]
[09/06 ゆきかぜ]
[08/30 遠神十三]
最新TB
プロフィール
HN:
Taku
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
車のプラモ作りとケンメリ4発の趣味に明け暮れるいい年のオッサン。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]